電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

メタルフリー治療

金属を使わない治療
メタルフリー治療

金属アレルギーは詰め物や被せ物でも起こります

画像のタイトル
画像のタイトル

詰め物や被せ物に使われる銀歯のデメリットは目立つ見た目だけではありません。
最近では金属アレルギーを起こす原因になり得ることがわかっています。
時間の経過とともにお口の中にある金属が少しずつイオン化して溶けだし、
体内に取り込まれてしまうと、全身の不調や肌荒れ・かゆみなどの症状が現れることがあるのです。

金属アレルギーが心配な方は、金属を使用しない(メタルフリー)治療をおすすめします。
セラミック製の人工歯、とくにオールセラミックならメタルフリーですので安心です。

メタルフリー治療

画像のタイトル

アレルギー症状をもたらす金属を用いずに、
詰め物やかぶせ物、あるいは義歯等を作成します。

保険診療の範囲で対応する場合は、合成樹脂を用いますが、耐久性についてはじゅうぶんではありません。

自費診療の範囲であれば、
耐久性に優れたセラミックスやジルコニアを使うことができます。
これらを材料にすると、美観を損ねないというメリットも期待できます。

画像のタイトル

※ 義歯については、
金属のバネがついていないノンクラスプ義歯が妥当です。

耐久性や美観においても優れており、
お手入れも難しくはありません。

お悩みや不明点については、いつでもお問い合わせ下さい。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-673-4483へ

診療時間
10:00~13:00
14:00~18:00
/
/
休診日 / 月・日・祝日
ご予約・お問い合わせはこちら
ほほえみ歯科デンタルクリニックの外観
フッターオファー
© 2018 大阪府高槻市の歯医者:ほほえみ歯科:審美歯科サイト